コラム

人探しは警察より探偵・興信所に依頼が良い?

人探しをしたい理由はさまざまです。中には、「名前もわからない人を探したい」という人もいるでしょう。

人探しにはいろいろな方法がありますが、自分で闇雲に探したり、警察に相談したりするよりも探偵に依頼した方が良いケースがあります。

人探し調査は警察よりも

探偵・興信所のほうが良い理由

人探し調査を行いたい場合は、警察より探偵・興信所に依頼することをおすすめします。なぜなら、警察は事件性がないと人探しをしてくれないからです。

例えば、人探し調査の対象者が誘拐された可能性がある場合は探偵事務所や興信所ではなく、警察で届け出書を提出して操作してもらった方が良いでしょう。

しかし、初恋の人や名前が分からない人、思い出の人などの居場所を知りたい場合は、探偵事務所や興信所に調査を依頼するのが適しています。

また、大人が家出した場合など、警察がすぐに調査に乗り出してくれないような人探しも探偵事務所や興信所に頼んだ方がスピーディに人探しを進められます。

どんな調査事例が多い?人探しを依頼する理由とは

探偵事務所に人探し調査を依頼する理由は、さまざまです。この章では、実際に探偵が調査した人探しの内容について紹介します。

調査理由1:連絡が取れなくなった人を探したい

探偵事務所が受ける依頼の中で多いのがこのケースです。

家族や恋人が音信不通になり、心配して人探し調査を始めるといった流れです。特に人探し対象者が未成年だと、犯罪に巻き込まれる危険性もあるので早急に調査を進める必要があります。

引越しや転勤などのタイミングで連絡が取れなくなった友人に会いたいという理由で、探偵事務所に調査を依頼する人もいます。

調査理由2:家出した家族・恋人を見つけたい

一緒に暮らしていた家族や恋人が突然失踪して居場所が分からず、探偵事務所に人探し調査を依頼するケースもあります。

先に触れた通り、子どもが家出した場合は警察も動いてくれますが、人探し対象者が大人の場合はなかなかそうはいきません。

毎日顔を合わせている家族でも、失踪する理由や訪れそうな場所などが分からないことも多いです。辺りを探しても見つからないときは、人探しのプロである探偵事務所へ相談した方がスピーディに作業が進むでしょう。

探偵や興信所で調査依頼を受けられないケース

人探し調査の理由や内容によっては、探偵事務所や興信所が調査を断る可能性があります。

この章では、どのような場合に人探し調査依頼を受けてもらえないのかを具体的に解説します。

調査を拒否される理由1:家庭内暴力(DV)

人探し調査の依頼者による家庭内暴力(DV)事実が探偵事務所によって確認された場合は、調査は進められません。

例えば、夫が妻に対して家庭内暴力(DV)を行っており、妻が家出したとします。この場合、夫は探偵事務所に妻の捜索調査をしてもらえなくなるということです。

調査を拒否される理由2:ストーカー

ストーカーをするために探偵事務所を利用するのも、法律で許されていません。ストーカーは、前述した探偵業法第七条の違法な行為に該当します。

ストーカーをするために探偵事務所を利用するのも、法律で許されていません。ストーカーは、前述した探偵業法第七条の違法な行為に該当します。

調査を拒否される理由3:何らかの理由で人探し対象者が身を隠している場合

人探し対象者自身が何らかの理由で身を隠している場合は、探偵事務所にどれだけ調査を依頼しても引き受けてくれないので注意しましょう。

家族や恋人、友人などを心配する気持ちであれば探偵事務所は調査を引き受けてくれます。しかし、少しでも悪意があると判断された場合は、人探し調査の依頼を拒否されることを覚えておきましょう。

人探しはすぐに動いてくれるところに頼むべき

今回は、人探し調査を探偵事務所に依頼した方が良い理由を解説しました。

説明した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 警察は事件性がある場合に人探し調査を行う
  • 事件性がない場合は、探偵事務所への依頼がおすすめ
  • 探偵事務所に人探しを頼む理由はさまざま
  • 人探しをしたい理由や内容などにあわせて相談先を決定する

探偵事務所は人探しのプロです。事件性がない人探しをスピーディに行いたい場合は、ぜひ探偵事務所への相談を検討してみてください。

お困りなことがあればコネクト探偵社までお問い合わせください。

もっと見る
もっと見る