コラム

離婚後の約束をしっかり守ってもらうために弁護士に依頼する必要性

離婚の際に決めた約束は、しっかり守って欲しいですよね。
しかし残念ながら約束が果たされない場合もあります。
しっかり約束を果たしてもらうには、「協議離婚書」作成するのがオススメです。
口約束で契約をしても有効ですが、書面に残しておかなければ証拠が残りません。
協議離婚書を作成する際には、法律のプロの弁護士に相談・依頼すると安心と言えるでしょう。

弁護士に離婚協議書と公正証書の依頼・相談する必要性とメリット

離婚協議書とは、離婚時や離婚後の親権や教育費・財産分与などの約束を書面にした契約書です。
離婚後は、慰謝料の分割や養育費の支払いなどが滞らないか心配はありますよね。
その不安を取り除くためにも、離婚協議書は必要といえます。
しかし、離婚協議書を作成しても残念ながらそれ自体に強制力はありません。
離婚協議書に強制力を持たせるためには、公正証書という公的な書面を作成する必要があります。
公正証書にすることで、万が一相手が支払いを怠った場合に調停や裁判をせず強制執行をすることが可能です。
公正役場で公正証書を作成できます。
自分たちだけで作成することも可能ですが、弁護士に相談・依頼することで2点のメリットがあります。

・内容に不備がない

・準備と手間が省ける

せっかく時間をかけて作ったものに必要な記載がされていなく認められない事態は避けたいですよね。
専門家に相談することで、予想できるトラブルを考慮し作成してくれます。
将来のトラブル防止に大いに役立つでしょう。

公正証書と弁護士の必要性

公正証書とは、公務員である公証人にが作成してくれる文章です。
公正証書の形で離婚協議書を作成するときには、離婚公正証書と言います。
また、公正証書を作成するときには、公正役場に申し込みをして公証人と相談して日程を招請した上で公証役場に行き公証人に作成してもらう必要があります。
公正証書の作成を弁護士に依頼すると、協議離婚合意書の文案を作成した上で公証役場に申し込みをしてくれるため間違いのない内容の離婚公正書が完成します。
面倒な公証役場とのやりとりを行なってくれるので大きく手間が省けます。
また、相手が不払いを起こした場合などは、すぐに弁護士に強制執行手続きも依頼できてスムーズに金銭回収までできます。

コネクト探偵社では複数の弁護士事務所と提携していますので安心してご相談ください。

もっと見る
もっと見る