コラム

キャバクラや通いは浮気?離婚や慰謝料請求はできる?

会社の接待や付き合いで行くこともあるキャバクラ。夫のスーツのポケットを見ると、中にはキャバ嬢たちの名刺が…。キャバ嬢に浮気しているのではないか、と疑ってしまったり、不安を覚えたりする方は少なくありません。そこで今回はキャバクラ通いは浮気になるのか、離婚および慰謝料請求ができるのかをお伝えします。

キャバクラ通いは浮気になるのか

浮気の定義はそれぞれ異なるため、人によっては「キャバクラへ行く=浮気する」と考える人もいるでしょう。しかし、不倫には明確な定義があります。法律上で、配偶者以外の相手と肉体関係を結んだ場合に不倫と認められます。そのため、キャバクラは接客をおこなう飲食店であり、会話やお酒を楽しむ場所です。性交渉は含まないため、キャバクラへ行くこと自体は残念ながら不倫にはなりません。

不貞な行為とは、配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と肉体関係を結ぶことをいい、相手方の自由な意思にもとづくものであるか否かは問わない。

裁判例結果詳細 | 裁判所

キャバクラ通いを理由に離婚や慰謝料請求できるか

法律上、不倫と認められるのは原則的にキャバ嬢と夫が肉体関係を持っていたときです。そのため、キャバクラに通うだけでは離婚や慰謝料請求は認められません。しかし以下の理由のときは、離婚や慰謝料請求が認められる場合があります。

・キャバ嬢と肉体関係を持った場合
・キャバクラ通いが原因で家庭の経済状況が破綻した場合

ただし、夫に請求はできてもキャバ嬢への慰謝料請求は難しいでしょう。肉体関係があっても、相手が既婚者とは知らなかったと言い逃れされることがあります。また、慰謝料請求には請求相手の名前と住所が必要です。しかし、キャバ嬢の場合は偽名で働いていたり、住む場所もお店の名義であることが多く、本名や住所を調べるのに難航します。

キャバ嬢と肉体関係を持った場合

肉体関係があったという証拠を掴むことができれば、裁判で有利になります。

もし、夫がキャバ嬢と肉体関係をもっている可能性がある場合、探偵事務所へ相談することをおすすめします。不貞行為を証明する決定的証拠は、素人が集めるには労力も時間もかかるでしょう。不貞行為が実際にあった場合、探偵事務所が作成する調査報告書は裁判で有利になります。

キャバクラ通いが原因で家庭の経済状況が破綻した場合

キャバ嬢と肉体関係がなくても家庭の経済状況が悪化したり、家庭に帰ってこなくなるなど夫婦関係が悪化した場合は、離婚や慰謝料を認められる可能性があります。

なぜキャバクラへ行くのか

そもそもなぜ、男性はキャバクラへ行くのでしょうか。キャバクラにハマる理由は大きく分けて、以下の4つです。

・仕事での接待や付き合い
・承認欲求を満たすことができる
・ストレス発散
・女性と遊びたい

仕事での接待や付き合い

自分自身でキャバクラに行きたいと思わなくても、取引先や上司、友人などの誘いに断れず、仕方なく行っている場合があります。キャバ嬢たちが場を盛り上げてくれたり、和ませたりしてくれたりするため、商談などがスムーズに行くことはあります。接待の場合は仕事と割り切り、多少は理解してあげることも大切でしょう。

承認欲求を満たしたい

承認欲求は誰しもがもつ欲求の一つであり、人は他の人から認められたいという気持ちを持っています。しかし、仕事でなかなか評価されなかったり、夫と上手くいっていない、家に居場所がないなど、自分自身のことを認めてもらえず、承認欲求が満たされていない方は多くいます。キャバ嬢たちは男性のことを受け入れ認めてくれます。そのため、承認欲求が満たされ、お金を払ってでもキャバクラへ通い続けてしまいます。

ストレス発散

仕事や家庭、日々を過ごしているとストレスを感じる場面は多々ありますよね。キャバ嬢たちは聞き上手なので、日頃の愚痴を親身に聞いてくれたり、励ましてくれたりします。その上お酒を飲むことで気分もよくなるので、日ごろのストレス発散や気分転換のために行くことがあります。

妻や彼女以外の女性と関わりたい

妻や彼女がいても他の女性と関わりたい、恋愛気分を味わいたいという思いからキャバクラへ通う男性は少なくありません。一般の女性であれば浮気を疑われたり、後々面倒なことになる可能性はあります。しかし、キャバクラであればお客として女の子と楽しむことができるので、罪悪感が少なくすむため通い続けてしまいます。

キャバクラ通いを辞めさせることはできるのか

夫がキャバクラ通いを続けていて良い気はしないですよね。できればキャバクラ通いは辞めてほしいもの。ではどのようにしたら辞めてくれるのか方法をお伝えします。

キャバクラ通いを否定しない

誰でも自分の考えや行動を否定されるのは嫌ですよね。キャバクラ通いを受け入れたくないからと、否定したり禁止したりすると、逆にキャバクラへ通う頻度が増えてしまう可能性があるので、否定するのはやめましょう。「友達とならOK」「接待ならOK」など、条件付きで通うのをOKするのは一つの手です。

キャバクラへ一緒に行ってみる

「キャバクラってどんなところなの?」「今度一緒に行ってみたい」とあなた自身がキャバクラに関心を持つのも良いでしょう。黙ってキャバクラに通うことを刺激として楽しんでいる男性の場合は、刺激にならないため、キャバクラ通いをやめる可能性があります。

あなたがキャバクラに実際行ってみてどのような場所か知ることで、浮気をしているかもという不安がなくなるかもしれません。どんなところか知らないと、考えが悪い方向に行ってしまいますが、知ることで違った視点で見られたり、夫にキャバクラ通いをやめてもらいたいときの説得力が増すでしょう。

家の居心地をよくする

接待以外の理由で夫がキャバクラへ通う場合、キャバクラが癒やしの場所となっている可能性があります。そのため、家に帰ってきたほうが癒やされると思える、以下のような環境作りがおすすめです。

・夫の話をしっかり聞く
・笑顔で接する
・褒めたり、感謝を伝える
・マッサージなどをしてねぎらう

まとめ

夫がキャバクラ通いをしていても、肉体関係がなければ法律上では不倫と認められません。ただし、キャバ嬢に頻繁に行くことで家計の経済状況が破綻したり、夫婦間の関係が悪化したなら離婚および慰謝料請求できる可能性が高くなります。

夫がキャバクラと不倫しているのではと不安な日々を過ごしている場合は、一度ご相談ください。相談は無料で何度でも可能です。

もっと見る
もっと見る