コラム

浮気調査でボイスレコーダーを鞄の中に仕込むのは違法!どうすればいい?

鞄の中にボイスレコーダーを仕込めば、自分で浮気調査をできるんじゃ…?」「ボイスレコーダーを使って、効率的に浮気調査をできないかな…?」 このように、ボイスレコーダーを使ったパートナーの浮気調査についてお調べではないでしょうか? しかし、鞄の中などのパートナー個人の持ち物にボイスレコーダーを仕込むのは法律違反となる可能性があるため、取り扱いには注意が必要です。 そこで、この記事では、鞄の中にボイスレコーダーを隠すことのリスクと、合法的に音声を記録できるおすすめの隠し場所などを解説していきます。 探偵事務所・興信所といった浮気調査のプロへ依頼する方法もまとめているので、パートナーの浮気でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

無断でボイスレコーダーを鞄の中に仕込む行為は違法

浮気調査のためにボイスレコーダーを使用する場合は、設置する場所によって違法性の有無が異なります。 ボイスレコーダーの設置が「違法」となるケースとしては、以下のような場所が挙げられます。

・パートナー個人の所有物(鞄・衣服の中やパートナー専用の車など)

・別居しているパートナーの家

・浮気相手の家や車

・パートナーの実家 など

これらに共通する点は、自分の所有物および夫婦の共有物に“該当しない場所”であることです。 たとえ夫婦であっても個人のプライバシーは尊重されるべきであり、鞄の中のようにパートナー個人が所有している物にボイスレコーダーを仕掛けることは違法となります。 また、別居しているパートナーや浮気相手の家に侵入してボイスレコーダーを設置した場合、プライバシーの侵害に加えて住居侵入罪にも問われる可能性があります。 違法行為によって得た情報は証拠としても認められないため、わざわざリスクをとってまで鞄の中などにボイスレコーダーを設置するメリットはないと言えるでしょう。

浮気調査にボイスレコーダーを使うなら鞄の中ではなく共用スペースへ

浮気調査のためにボイスレコーダーを設置するなら、鞄の中などの個人的なスペースではなく、夫婦の共有スペースがおすすめです。 続いて、共有スペースにボイスレコーダーを設置するメリットと、やむを得ず鞄の中などにボイスレコーダーを仕込むときの注意点について詳しく見ていきましょう。

自宅や車内などの共用スペースへの設置は違法にならない

前述したように、パートナーの所有物(鞄・衣服など)やプライベート空間にボイスレコーダーを設置することは違法行為にあたります。 しかし、逆に言えば、パートナーと共有している場所ならボイスレコーダーを設置しても違法にはなりません。 合法的にボイスレコーダーを設置できる場所としては以下が挙げられます。

・リビング

・寝室

・夫婦で使用している自家用車

・その他夫婦で共有しているスペース

パートナーが浮気相手と電話する可能性がある場所、また不貞行為に及ぶ可能性がある場所などにボイスレコーダーを設置しておくと、証拠に使える音声を記録できるかもしれません。 ただし、ボイスレコーダーを隠していることがバレてしまうと、その後の浮気調査が難航する可能性もあるため、隠し場所・隠し方には注意が必要です。

浮気の有無を確認するだけなら鞄の中もアリ

パートナーの鞄や衣服にボイスレコーダーを仕込むという調査方法は違法行為にあたるため、基本的には避けた方が良いです。しかし、以下のようなどうしても調査したいというケースでは効果を発揮する場合があります。

・浮気の事実があるかどうかを自分自身で確認したい

・浮気相手の情報が全くなく、名前だけでも知りたい

このように、浮気の証拠を見つける目的ではなく、浮気の事実を知るための手段としてボイスレコーダーを利用する場合であれば、鞄の中などでもある程度収穫を得られるかもしれません。 ただし、鞄の中にボイスレコーダーを仕込む場合は「音が小さくて聞き取れない」「鞄を触ったときに気付かれる」といったデメリットもあるため、情報を入手できたらラッキーぐらいの感覚でしょう。 そして、やはりボイスレコーダーを仕込むのは違法性がない場所にするのがおすすめです。その理由は、下記の証拠として使えるかどうかという点にもかかっています。

録音した音声は証拠として使える?

法律の範囲内で入手した情報は慰謝料請求・離婚請求の裁判などで証拠として利用することができます。 しかし、先ほどからお伝えしているように、パートナーの鞄・衣服の中や浮気相手の家など、違法となる場所に設置したボイスレコーダーの音声は証拠として認められないので注意しましょう。 また、違法な浮気調査を行ったことが判明すれば、逆に自分自身が訴えられてしまう可能性もあります。 裁判を有利に進めていくためにも、法律に違反するやり方での浮気調査は避けた方が良いでしょう。 とは言え、慰謝料請求を行うにはパートナーと浮気相手との間で不貞行為があったことを証明しなければならず、合法的に得た音声情報だけでは証拠として不十分な場合もあります。 この場合は、違法行為で無理やり情報を得ようとするのではなく、以下のアイテムを組み合わせて証拠能力を強化する方法がおすすめです。

浮気調査がバレたときはどんなリスクがある?

鞄の中に隠したボイスレコーダーが見つかってしまうなど、何らかの不手際で浮気を調査していることがバレてしまう可能性もゼロではありません。 ここからは、浮気調査がバレた場合に想定されるリスクと、リスクを回避しながら浮気調査を進める方法について詳しく見ていきましょう。

浮気調査がバレた場合はどうなる?

浮気調査をしていることがバレた場合、以下のようなリスクが考えられます。

・パートナーが警戒し、その後の浮気調査が難航する

・夫婦関係が悪化し、修復不可能な状態になる

・浮気をしていなかった場合、逆に離婚を要求される可能性がある

これらのリスクを踏まえると、ボイスレコーダーはメリットよりもデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

リスクを回避するなら探偵への依頼がおすすめ

パートナーが実際は浮気をしていなかった場合、また浮気の事実があった場合でも、浮気調査をしていることがバレてしまうと立場が逆転する可能性があります。 こうしたリスクを回避するには、探偵事務所・興信所といったプロの調査員に依頼する方法がおすすめです。 探偵は浮気調査や人探しを専門に行う業者であり、パートナーに気付かれることなく確実な証拠を集められます。 探偵への調査依頼で得た情報・資料は慰謝料請求や離婚請求の裁判で証拠として提出することも可能です。 浮気の有無を確認するだけなら自力での調査も可能ですが、慰謝料請求・離婚請求をお考えであれば、探偵へ依頼した方が効率的でしょう。 また、探偵の浮気調査には違法性がないといったメリットもあります。

まとめ

ボイスレコーダーを使って個人的に浮気調査を行う場合は、パートナーに気付かれないよう注意を払うのはもちろん、違法調査のリスクも踏まえて進める必要があります。 パートナーの鞄・衣服の中や浮気相手の家などにボイスレコーダーを設置することは違法となるため、仮に証拠を得られたとしても裁判では提出できない点を理解しておきましょう。 合法的なやり方で、慰謝料請求・離婚請求に役立つ確実な証拠を集めるのであれば、探偵事務所や興信所などのプロの調査員に依頼するのがおすすめです。 浮気調査の実績があり、相場の範囲内で適切に運営している探偵事務所へ相談することで、納得のいく形で決着を付けられるでしょう。無料相談もできますのでまずはお気軽にコネクト探偵社へお問い合わせください。

もっと見る
もっと見る