コラム

信頼できる探偵事務所の選び方 9つのポイント

警視庁によると、探偵業の届出を出している探偵事務所は、令和4年で6,970件となっています。前年比で277件増加しており、これまでの3年間の推移を見ると、毎年探偵業の届け出を行う探偵事務所は年々増加傾向にあり、今後も増加する可能性があるでしょう。そこで、多くの選択肢の中から探偵事務所を選ぶ際のポイントをお伝えします。

探偵事務所の選び方

探偵事務所の中には調査をきちんと行わなかったり、相談時に強引に契約を結ばせるなど、トラブルとなる事例が報告されています。以下のポイントを参考にして、信頼できる探偵事務所を選びましょう。

 

・探偵業届出証明書が出されているか

・誇大広告を出していないか

・成功報酬型に注意

・過剰な低料金を表示していないか

・探偵事務所の所在地は自宅近くのエリアか

・調査書報告書があるか

・行政処分の経歴が過去にないか

・相談時の対応の良さ

・調査中でも電話対応をしてくれるか

 

探偵業届出証明書が出されているか

探偵事務所が調査を行うためには、探偵事務所の届け出が法律で義務付けられています。探偵事務所が届け出を行うと、「探偵業届出証明書」が交付され、探偵事務所の目立つ場所に証明書を掲示する必要があります。

 

ホームページの場合は、通常はトップページなどに「探偵業届出番号」が記載されていますので、必ず確認しましょう。またホームページには、以下について記載があるかも見ておきましょう。

 

・代表者の氏名

・探偵事務所の住所

・電話番号

 

もしも「探偵業届出証明書」や「探偵業届出番号」がホームページ上に記載されていない場合は、その探偵事務所は違法に営業をしている可能性があります。

 

誇大広告を出していないか

「成功率100%」「必ず成功する」といった誇大な表現のある探偵事務所には注意しましょう。調査の成功は必ず保証されるものではありません。宣伝文句に騙されないようにしましょう。

 

成功報酬型に注意

探偵事務所の料金表には「成功報酬」と記載されている場合があります。成功報酬型は、調査目的が達成された場合に料金が発生する一方、失敗した場合には料金を請求されないという料金体系です。ただし、探偵事務所と依頼者の間で「成功」の定義が異なる可能性がるので、成功報酬型を選ぶ際は注意が必要です。

 

成功報酬型を選ぶ場合は、事前に明確な成功条件を取り決めておくことがポイントです。例えば、浮気調査なら、ホテルで調査対象者と浮気相手がホテルから出てくるところを撮影するなど、具体的な成功の定義を取り決めておくと良いでしょう。

 

過剰な低料金を表示していないか

広告やホームページでは料金を安くなるように見せかけている場合があります。もちろん宣伝費を削減して、なるべく低価格で調査を行っている探偵事務所もありますが、あまりにも他の探偵事務所に比べて安い場合は注意が必要です。

 

調査費とは別に、調査報告書作成費や車両費など、諸経費を別途請求する探偵事務所があります。ほとんどの探偵事務所が無料で見積もりを提供しているので、必ず見積もりを作成してもらい、検討しましょう。

 

契約内容を十分に読み、調査後に追加請求がないか、調査員の人数などが明確に記載されているかを確認することで、トラブルを防ぐことができます。

 

探偵事務所の所在地は自宅近くがおすすめ

インターネットで検索すると、様々な地域の探偵事務所が表示されますが、依頼する際は自宅近くの探偵事務所を選ぶことが重要です。遠方の探偵事務所に依頼すると、調査費用に加えて交通費や宿泊費などの費用がかかる可能性があります。

 

また、自宅近くの探偵事務所に依頼する場合は、その探偵事務所が実在しているかを確認することも重要です。探偵事務所が実在しない場合、悪質な業者の可能性があります。そのような業者に依頼すると、突然連絡が途絶えるなどのトラブルに巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。

 

調査書報告書があるか

探偵事務所の中には、調査報告書の作成を行わない場合もあります。探偵事務所の中には、調査報告書の作成を行わない場合もあります。調査報告書がないと、実際にどのような調査が行われたか確認できません。特に裁判を行う場合には、調査報告書が非常に重要となりますので、必ず調査報告書の有無を確認しましょう。

 

良心的な探偵事務所であれば、調査報告書のサンプルを確認できます。サンプルを確認することで、どのような内容の報告書が作成されるのかを把握できます。

 

また、調査報告書は一般的に調査終了後、一定の期間内に受け取ることができますが、探偵事務所によっては調査報告書の作成に別途費用がかかる場合もあります。そのため、事前に調査報告書の受け取り時期や費用について確認しておくことが重要です。

 

行政処分の経歴が過去にないか

各都道府県警察および各都道府県公安委員会のホームページでは、過去3年間にわたり、行政処分を受けた探偵事務所が公表されています。

 

過去に探偵業法に違反していた場合、営業停止命令や、営業廃止命令などの行政処分を受けている可能性があります。検討している探偵事務所の情報がないか事前に確認しておくと良いでしょう。

相談時の対応の良さ

多くの探偵事務所では、無料で電話相談に乗ってくれるところが多いです。そのため、気になる探偵事務所があれば、いくつかの探偵事務所へ相談し、比較検討することをおすすめします。その中から、親身に話を聞いてくれたり、対応が良さそうなところを見つけて、相談しに行ってみましょう。

 

また、ホームページでは大まかな料金しか記載されていない場合があります。具体的な金額は電話相談で答えてくれる場合が多いです。ただし、料金を曖昧にされたり、「事務所へ来てください」としつこく言われる場合は、悪質な探偵事務所の可能性が高いので注意しましょう。

 

調査方法や調査中の報告について

どのように調査を進めるのか、調査中でも都度報告があるのかを確認しておきましょう。悪質な業者の場合、調査をしていると装って実際には調査を行っていないこともあるので注意しましょう。

 

複数の探偵事務所を検討する

探偵事務所は数多くあり、中には悪質なところも存在します。浮気調査など、早く事実を調べたい場合でも焦らずに、複数の探偵事務所の無料相談を活用して、信頼できる探偵事務所を見つけましょう。

 

大阪での浮気・不倫調査はコネクト探偵社へぜひご相談ください。ご相談は24時間対応しております。無料で何度でもご相談が可能ですので、気になる点がありましたら、いつでもお問い合わせください。

 

もっと見る
もっと見る