コラム

浮気の証拠写真の重要性と撮影ポイント

パートナーが浮気をしている場合、浮気の証拠を手に入れて、相手に認めさせたいと考える人は多いでしょう。しかし、浮気の事実を明らかにするためには、決定的な証拠写真が必要です。証拠写真がなければ、「浮気はしていない」と言い逃れられてしまう可能性が高まります。また、離婚裁判や慰謝料請求においても、証拠写真は役割を果たします。

 

ただ、離婚裁判や慰謝料請求では、どの写真でも証拠になるわけではありません。どのような写真ならパートナーに浮気を認めさせることができるのか解説します。また、撮影するときのポイントも合わせてお伝えします。

なぜ浮気の証拠写真が必要なのか

パートナーが浮気をしている可能性がある場合、証拠がない状態ではパートナーは言い逃れをすることができます。通話やメッセージのやり取りで浮気が判明しても、「冗談でやった」などと認めることはないでしょう。

 

浮気相手とラブホテルに出入りする写真など、言い逃れできない証拠写真を用意することで、浮気の事実を認めさせることが可能です。また、浮気の証拠写真があれば、離婚裁判や慰謝料請求の際に有利に働くことがあります。

浮気の証拠となる写真

パートナーに浮気を認めさせるだけなら、浮気相手と手を繋いでいたり、キスをしている写真があれば浮気を認めてくれる可能性は高いでしょう。

 

しかし、法的に浮気を証明するためには、パートナーが配偶者以外の人と性行為を行ったという事実が必要です。そのため、離婚裁判や慰謝料請求をする場合には、肉体関係を示す写真や動画を証拠として提示することが重要となります。

 

具体的にどのような写真が有効になるか解説します。

 

ラブホテルに出入りする写真

実際の性行為の写真は最も確かな証拠となりますが、その瞬間を写真に収めることは難しいでしょう。現実的に浮気をしていたと認められる可能性が高いのは、ラブホテルに出入りする証拠写真です。

 

ラブホテルは性行為が行われる場所として一般的に知られており、2人でラブホテルに入る写真は、浮気の証拠としてかなり有力です。ただし、「すぐに出てきた」と言い逃れされないように、少なくとも2時間以上の滞在を証明できる写真を撮ることが重要です。

 

ラブホテル以外の場所では証拠不十分

同じホテルでもビジネスホテルやシティホテル、浮気相手の自宅への出入りなど、ラブホテル以外の場所の写真だけでは証拠不十分となる可能性が高いです。別の部屋に泊まっていた、打ち合わせをしていたなど、肉体関係を裏付けるのが難しいためです。

 

ただし、以下の証拠写真と組み合わせることで、浮気をしていたと認められる可能性が高くなります。

 

・同一の相手とホテルや浮気相手の家への頻繁な出入り

・ホテルや浮気相手の家に出入りする前後で手を繋いだりキスをしていた

・LINEなどで性行為があったと推測されるメッセージのやりとり

 

浮気の証拠とならない写真

逆に、法的には浮気を証明しづらい以下の状況写真では、証拠不十分として認められません。

 

・浮気相手とキスや抱き合ったり、手を繋いでいる

・一緒に食事をしている

 

ただし前述でも述べたように、キスや抱き合っている場面は、他の証拠と組み合わせることで浮気の事実として認められる可能性があります。

証拠写真を撮る際の注意点

証拠写真を撮る際には以下の点に気を付けましょう。

 

・行動パターンを把握する

・パートナーに気づかれないように行動する

・法的ルールを破らない

 

行動パターンを把握する

証拠写真を撮るためには、普段からパートナーの行動を把握しておくことが大切です。勤務時間や残業時間、出張の頻度などから浮気相手と会う日を予測を立てることで、効率よく撮影が行なえます。

 

パートナーに気がつかれないように行動をする

パートナーに浮気の調査がバレてしまうと、パートナーは注意深く行動するようになり、証拠を消されてしまい、証拠集めが難航する可能性があります。

 

尾行を行う場合、周囲の人々に怪しまれないようだけでなく、パートナー自身にも疑われないよう、細心の注意を払うことが必要です。変装したり友人の協力を得たりすることで、証拠写真の撮影成功率を高めることができます。

 

法的ルールを破らない

撮影することに必死になり、うっかり違法行為をしてしまうことがあります。

 

例えば浮気相手の家で張り込む場合、相手の敷地内へ入ってしまうと住居侵入罪となってしまいます。また、浮気相手を尾行する行為はストーカー行為に該当する場合もあります。法的な問題を引き起こさないよう、注意深く行動しましょう。

 

ただし、既婚者が配偶者の浮気の証拠を収集するための尾行行為は、違法性が低いとされています。

 

証拠写真の撮影ポイント

証拠写真の撮影は単に撮影すればいいわけではありません。以下の点に注意して撮影しましょう。

 

・パートナーと浮気相手の顔がはっきり分かるようにする

・撮影場所が分かるようにする

・複数枚の写真を撮影する

 

パートナーと浮気相手の顔がはっきり分かるようにする

写真を撮影をする際は、パートナーと浮気相手の顔がはっきり分かる状態で撮影することが大切です。

 

顔がぼやけていたり、後ろ姿しか分からない場合は、法的な証拠としては不十分です。パートナーには「人違いだ」と言い逃れられる可能性も高くなります。

 

また、夜間撮影の場合は、夜間撮影ができるカメラを使用し、顔が分かるように撮影することが重要です。

 

撮影場所が分かるようにする

顔がはっきり分かっていても、どこの場所で撮ったものか分からなければ証拠にはなりません。パートナーや浮気相手との場所を明確に示すため、アップだけでなく全体の写真も撮影するよう心がけましょう。例えばラブホテルの場合、看板や外観も撮影することで、場所が分かりやすくなります。

 

複数枚、写真を撮影する

1度だけラブホテルに出入りした写真よりも、複数回出入りしている写真を撮影することで、継続的に浮気行為があったとして、裁判に有利になります。

 

プロの探偵に写真撮影を依頼する

探偵事務所は高度な撮影機材を備えています。小型のカメラを使用して近距離で2人の顔を撮ったり、暗闇の撮影では一般人が撮影するよりも、鮮明に撮影することが可能です。

 

浮気調査の場合、2〜3人でチームを組み、豊富な経験から撮影ポイントを割り出し、効率的に証拠写真を集めることもできるでしょう。

 

また、探偵事務所が作成する調査報告書は、裁判で有利な証拠として認められます。

まとめ

浮気の証拠写真を自分自身で撮影することも可能ですが、それには時間と忍耐が必要です。また、浮気の現場を目の当たりにすることは精神的な苦痛を伴うかもしれません。

 

このような場合は、探偵事務所に相談することも一つの方法です。

 

専門的なスキルで的確な証拠写真を集め、あなたの手助けをしてくれるでしょう。

 

もっと見る
もっと見る